平成25年度 数電機シンポジウム

Mathematics in the Real world 5

 
小口俊樹(機械工学専攻 准教授)
H25年度ミニ研究環『結合非線形システムのパターン形成と制御』研究代表者

 今年度の数電機シンポジウムは、平成 25 年度ミニ研究環『結合非線形システムのパターン形成と制御』が主に企画・運営を行い、シンポジウムのテーマとして、本ミニ研究環で扱っている反応拡散系を中心とした『パターン形成と制御』を核に据え、数電機に捉われることなく広く分野横断的なシンポジウムとして企画しました。本ミニ研究環は、数電機 GP の中で実施された連携プロジェクトとして始まった数理と工学との連携活動を学内外にメンバーを広げて実施しているもので、結合非線形システムの同期問題や反応拡散系におけるパターン形成と制御問題を扱っています。今回のシンポジウムのほかに、セミナーを開催しておりますので、ご興味のある方は是非ご連絡ください。

 最後に、師走の慌しい中、ご講演いただく講演者の皆様に深く御礼申し上げるとともに、広く皆様のご参加をお待ちしております。